LINE OUT

ラルクとか六色林檎とか

 CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
 SELECT LOGs
 BlogParts


 SELECTED ENTRIES
 RECENT COMMENT
 RECENT TRACKBACK
 Favorite blogs
 LINKS
 PROFILE
 OTHERS
 Ad
<< 2/15PAGES >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
* * *


THEATER of KISS@代々木体育館2日目
 バリバリネタバリ↓↓


 本日は南2FスタンドGブロック参加席。
 アリーナとは見えるものが違って新鮮。ちなみに見えないのは上手モニターとゆっきー後方〜下手奥というところでしょうか。
 今日は「2日目」セットリスト、うささんたちがピアノを弾いて始まり。『The Black Rose』の前奏でいつも思うのだが、その手拍子はカコイイのかね?わたし的には『metropolis』間奏の手拍子と同じ微妙さなのだが…
 今日もteっちゃんのスカートが可愛いです。そして今日も頭がトリ。それはカコ(ry

 参加席ということで、今まで見えてなかったものがいろいろ見えました。
 P'UNK登場前、うささん用に舞台に入り口が開くとことか。
 『ALONE EN LA VIDA』のギターソロ後のマーチングは、ライブではゆっきー叩いてないんだ…。あの淡々とした感じがいかにもゆっきーぽくて好きだから、ちょっと悲しい。
 いままで意識してなかったんだけど『砂時計』の照明がすごく好みだ。
 基本的に四人それぞれを上から照らしてるだけなんだけど、そのとき鳴らしてるパートだけが白く明るく見える(演奏してない時はブルーがかってる)。
 だから前奏はkenちゃん→hyde→リーダー→ゆっきーの順で明るくなり、1番が終わるとhyde、ゆっきー・リーダーがフェードアウトするのです。
 超シンプルだけど、それがいい。
 あ、あと単純な話だけど、アリーナにいたときより一つ一つの音が聞こえました。まあ素人耳ですけど。

 やっぱり途中のミディアムテンポが3曲続くところはダレると思うんだよな…。アルバム自体がちょっとしっとり系が多いから難しいところかもしんないけど。
 照明もなんかくらいし。
 でもその暗さがあるから、後の『My Heart〜』の明るさというか自由なキモチというか開放感というか高揚感というか、そういったものが際立つとも思う。
 いやしかしマイドリは本当に泣かせる曲だ。

 しかし作曲者はあのー…
 皮が剥けるらしいね。
 どこのー?と聞かれて「や、そっちの皮じゃなくって。ってこれhydeの真似なんだけど」というネタを仕込んできたらしいです。
 で「キミたちは考えてきたネタだと笑わない!なんの話が聞きたいん?!」とまたまたどうせ聞き取れない質問をする始末。
 そのグダグダ具合がkenちゃんぽくて好きですが。
 で「kenさんMC伸ばして、伸ばしてって言われるからなにかと思ったら、tetsuさんがトイレいってるんですってスタッフに言われて」と衝撃の真実を明かしてしまう。
 くだんの人が帰ってきたらさっさと次の曲にいってしまって、言い訳も笑いに誤摩化すことも出来なかったリーダーかわいそすw(´・ω・`)

 最後のMCでは海外公演のお話が出ました。
 ツアーのお知らせってあんまり本人たちの口から聞いたことがなかったと思うので、新鮮というか意外。
 しかし香港も台湾も、99年頃あなたプロモーションで行ったはずじゃない?と思ってしまったら、記憶力が良さそうなリーダーがきちんと訂正してくださいました。
 いろんな人にライブ見てもらえるといいね。
 そんで、もっといろんな人にラルクが愛されるといいね。
 パリ公演はオフィシャルツアー開催らしいけど、もし自分が行くなら、現地ファンとの交流がしてみたいにゃー。ま、パリまではとても行かれないけど(笑)。
| L'Arc〜en〜Ciel | 23:30 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


THEATER of KISS@代々木体育館1日目
 *感想途中まで*
 アリーナC3ブロックということで、前回の埼玉と席番号的にはあんまり変わらないのですが、代々木の方がステージからちょっと遠いかな?という気がする。
 客席当ての立ち下ろしがすごく気になるよママン。いままでもあんなに堂々と下がってたっけ?鈴つけてガラガラ鳴らしてお祈りしたくなっちゃうぞw


 セットリストは『1日目』パターンで、これまた前回見に行った時と同じ。
 でも今回の方が、流れがハッキリしたというか。前回はすっごく違和感があったメドレーが多少しっくりくるようになった。切れちゃうって分かってたからかな?
 ラルクさんにしては珍しく低音大きめに出てるなと思ってたら、バラードもその調子でちょっときつかった。
 AS ONEのイントロなんか、いろんなところからドラムが聞こえてきて(笑)、そのうえhydeもちょっと声張り上げるとハウっちゃう感じで、陶酔しきっちゃうことが出来なくて残念。
 でもメンバーが出してる音はいいんじゃないかな、と予想。
 埼玉は「こんな不安定なhydeは久しぶりに見た」と思ったけど、今日はすごく伸びやかで安定してました。
 kenちゃんはDAYBREAK'S BELLの前奏を渾身の力でかき鳴らしてるみたいに見えて、なんていうかもう超愛しい。
 『今までに聴いたことのないメロディを鳴らそうとしている』と言われたギターソロも最近は大人しめに感じてたけど、今日は上昇しては急降下するkenちゃん節炸裂でした。
 teっちゃん。
 音楽の話ではないんだけど、P'UNKのはじまり、kenちゃん待ちでちょっと時間があいたとき、自分から話をふって間を持たせようとしたところに、成長と言ったら烏滸がましいが、頼もしさを感じました。
 ASIA LIVEやL'Anniversaryでは2日とも同じMCしてた人とは思えません(笑)。えらいえらい。
 ゆっきー。
 かっこよかった。なんかの曲の後で吠えてた(ように見えた)。

 ***       ***       ***

 ええと、とりあえず送信。
 お風呂入ってきます。
 明日は定時ですっぱり帰ってグッズ買うぞ!
| L'Arc〜en〜Ciel | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


JACK IN THE BOX 2007
 acidには間に合うように出てきたはずなんだけど、ring the noiseから参加。
 うーん、ゆきーろがカッコヨカッタです。
 またエヴァンゲリオンになってた。
 acid最後の曲でドラム台から飛び降りた…というかすっころんだ?ときには何がしたいんだろう…と思ったが(ヒドイファン)。ダイブなの?
 来年がソロの年であるなら、acidにもぜひぜひツアーをしていただきたい。
 今日はすっごくよかったよ。
 フジマキは全くアピールせず絡まず。挨拶もなんもないから名前呼べなかったyo。

 ムックはMC後の曲と最後の曲が良かったな。
 最初の曲も視覚的にベースが気になる曲ではあった。って、多分去年も同じこと思ったはず…。

 事務所の忘年会だと思っていたらその辺の垣根は越えたらしいセッションC。
 TAKUROと並ぶとhydeさらにちっちぇー(超失礼)と思ったけど
 hydeと並ぶTERUさんもあんまりおっきくない(・ω・`)
 「もー、他人の曲だとhydeじょうずよねっ」と言ってあげたいところだけど、そこまでよくもなかったかな?hydeの魅力を引き出す為の曲でなかったのもあるだろうし、ここんとこ働きづめだものね。
 それはそれとしても。
 歌詞が掌に書いてあったの?カンペもってたの?じっと見るなよw
 わたし普段手扇とかしないんですけど、ここはグレイチョップやっておかないと!お約束!みたいな感じでした。
 ところでTERUさんコメントの
  >hyde君に「出たい」と言って「イイヨッ」と言われた
 なんか魚か野菜を安く売ってくれそうな返事だな…w
 全般的にみて今日の自分はラルク関係だけで盛り上がるイタイ子もといオヴァだったな。

 ここでトイレ休憩。会社出るときに社長の奥さんが持たせてくれた煎餅を食べてました。すっげー恥ずかしかったけど、空腹だったんだもの。

 sakuraの歌はちょうど外から戻ってきたときに聞こえて、あんまりなーと思いながら聴いてたんですけど、後日御母堂のお話を読み、きちんと聴いておけばよかったなと思いました。
 つか、誰がどんな気持ちで演奏してるかなんて、こっちからはわからないんだから、どんなときでも真摯に聴かなきゃいかんと思った。

セッションD sakura自分の曲は反則じゃね?去年のkenちゃんみたいに別パートにチャレンジ!カム!
 彼はもっと本気を見せて歌ってほしいなぁと思う。これも去年と同じ感想。

セッションE 選曲が意外過ぎ。島唄って。
 でも逹瑯ってああいう土の匂いのする曲が似合うと思う。決して小器用じゃないところが好きだ。

 最後のアレはセッションか?なんかカオスだったけど。
 ドラムセットに幕かかってたのはyukihiroさんがシークレット(?)だったからなのか?サウンドチェックのタムの音でバレバレですが…2階席からはシンバル丸見えだったしw
 やっぱり、演奏している皆さんが一番かっこいいと思うですよ。だからちょっとアレは不完全燃焼ね。

http://www.maverick-dci.com/jackinthebox2007/index.html
| L'Arc〜en〜Ciel | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


ゲネラルプローベ
 いきたいなぁ…
 でも。

 大学時代の友人まで巻き込んで、埼玉の初日に行けることになりました。
 今回まだ1枚もとれてない人もいるらしいので、そしたら私はここで手を打ちましょうと。
 一般発売の日はCNのなかなか売り切れない代々木平日を見ながら会員登録までしちゃったんだけど(笑)、申し込みはやめておきました。
 なのにここでゲネプロ申し込むんだったら代々木を我慢したイミなくないか?
 でもエンタテインメントを作り上げる行程にはそりゃ当然ものすごく興味がある。
 まー現段階でウダウダ言っても捕らぬ狸のなんとかですけども。

 SMILE TOURといいAWAKE TOURといい、アリーナツアーだったら自分の都合さえつけば全通できる感覚でいたんだけど、ちょっと認識を改めないといけないのかもしれないな。
 チケット流通がどうのこうのというより、単純にファンが増えたこともあるのかなー。
 私は2000年春にFC入会して会員番号13万台後半なんだけど、いまや20万超えなんだもんね。こんな僻地のブログでも、始めた頃と比べたらラブログ経由のアクセス数増えてるし。
| L'Arc〜en〜Ciel | 22:42 | comments(1) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
* * *


L'Arc〜en〜Ciel「またハートに火をつけろ!」富士急コニファーフォレスト2日目
 チケット抽選当初は、
 野外で、しかも富士急まで行ったら絶対翌日の仕事に差し支える、
 当たったのが土曜だけでよかった。
 …なんて思っていたのですが、まあ幸か不幸か誤解があったので。
 後先考えたら行かないほうが良いかなとも思ったんだけど、後も先も知るか行かなきゃ後悔する!と思って行ってきました。
 Fブロックで一般的には良席とはいえないかもしれないけど、私は最初から「暮れ行く空とステージとの対比」が見たいと思っていたのでのーぷろぶれむ。

 お昼過ぎに家を出て、16時半ころ会場に到着。
 人ごみから外れた方のテントで新宿行きのバス切符を購入。昨日電車がカオスだったらしいということを聞いたのと、乗り換えなしで新宿まで出られるのはいいなと思ったので。
 で、本日もやっぱり30分押し。
 開演前にコメットさんから「音響に影響があるから携帯の電源は切ってね」というお触れがあった。
 近くにいた子が「音に影響あるって言われたらねえ(切らないわけにいかないよね)」と言ってましたが、
 携帯が影響を与えてるのは何も今回に限った事じゃないですよお嬢さん。

 最初のMC(めざましで取り上げられたところ)は「蝉かよ…」と思ったが、ご衣装がなんだかフワフワ?してて目を引く。また不思議な服着てんなぁと思ったけど、それよりはだけやすいのが気になってならないよ。撫で肩なのか?
 セットリストは前日LiesだったところがNEO UNIVERSEに替わって、より伸びやか感というか広がり感?があってすごくよかった。
 PUNKはFeeling fine初聴き。速すぎて三三七拍子(違うけど)できねー(笑)。件のギターソロも堪能しました。
 昨日と同じく上半ハダカのyukihiro先生がHONEYのときにマイクを食ってたのもいい思い出です。「使徒を……食ってる…」(違う)
 ライブが終わったあと、レガシィのCM。これTVつけてるときかかると別のことしてても絶対見ちゃう。
 そしてMy dreams〜のPVが流れた。まあ凡そPVの内容は知ってたのでそれ自体に感動はしなかったんだけど、例のコーラスの部分をお客さんで大合唱。これにはキタ。なんか目から液体が出てきたよママン。
 ありえないことかもしれないけど、メンバーも聞いててくれたらいいな。
 そしてアリーナツアー告知。メンバーだいじょぶですか?お疲れじゃないですか?

 ちょっと離れてたので、ステージ全体が見渡せて大変美しゅうございました。
 お月様もライブの間中うえにいてくれたし。

 そんな訳でやっぱり野外は最高!だと思うのですが、いかんせん富士急はアクセスに不便だ・・・。
 うち(東京市部)から電車で3時間?
 まして「ボトルネックとはこのことか!」みたいな富士急行線の輸送能力(行きはみんなてんでばらばらに来るし、ゆったり流れる景色もきれいなもんだ)。大月まで別手段でいければまだ違う?
 車の方も、帰りは中央道がひどい渋滞だったみたいで富士急出発時には「いつ新宿に着くか分からない」と言われ、漫喫難民を覚悟した。
 コニファーでの動員数の新記録だそうだけど、それを声高らかに誇るのは客をうまくさばいてからにしてくだされ。
| L'Arc〜en〜Ciel | 23:40 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


L'Arc〜en〜Ciel「またハートに火をつけろ!」富士急コニファーフォレスト
 あまりにもあんまりなことが起きたのですが、それは追記に書きます…。

 「またハートに火をつけろ!」というよりまた「Grand Cross」て感じ。
 野外はいい。ハラショー。
 光に虫が寄ってきちゃって大変だけどw ↓
群がるものたち

 ステージは大方の予想通りの横長配置。
 花道のところに PAR64がずらっと並んでるのは夏フェス然としててよいねよいね。
 お席はB7ブロック、下手花道のすぐ前(Hさんthanks!)。
 下手のモニターにも近いけどお蔭様で自分の目でもメンバーの表情が分かりそう。
 開演時間がやたら押したのは鉄道トラブルのせいらしいけど(さもありなん)、もしかしたら日没の具合を見計らっていたのかもしれないね。
 しかし野外。夏の17時過ぎはまだまだ明るいです。暗転できないとなるとどうやって始まるのかな?
 と思ったら、OP映像が流れたらすぐにkenちゃんゆっきーが登場。リーダーは満を持してなかんじで登場、hydeがでてきたら大歓声!
 そしてそのままseventh heavenへ!

 セトリはいろんなサイトに載ってるだろうから割愛〜。
 いばらではお約束の炎も上がって、ドラハイやカレスでも花火が上がり、GrandCross Tourを思い出した。私個人としては今年初めての花火だったので、特に記憶に残るものとなって嬉しいです。
 始まる前にHさんと「どの曲をやって欲しい?」という話をしてたのですが、その時私が挙げたのは「PUNKじゃないHONEY」。それが叶っちゃったー。
 それとこっそり「いばら」も期待してて。もう何度もやってるなんて言わないで。大好きなんだもの、静かに始まってサビでどかんと盛り上がるのが。メンバーがそれぞれいっちゃってる風になるのも大好き。岡野さんが「hydeの曲はみんなが作り上げていく(超大意)」って言うのはそういうことかな、なんて思ったりするのだ。
 それとPUNKだったら『Round around』っていうのも地味に叶いました。
 PUNKはエヴァンゲリオンみたいなyukihiro先生の裸体(上半身)を拝めたのもなんだか得した、いや、ご利益のありそうな感じでした。なにしろ下手に来てくれたから、じっくりばっちりまじまじと見入ってしまったよ。
 hydeのちくぴはちょっと目を逸らし気味だったのに比べるとガン見ですよガン見。チラリズムのちくぴはじっと見てるのがイケナイことのように感じてしまうのだもの。むしろ「お胸こぼれてるわアワワ」的な、女の子に対するような気持ちになってしまう。うん、間違ってるのは知ってる。
 そんなフェロモン出しまくりのちっちゃい人は黒くないご衣裳で良うございました。なんでかっていうと、ただでさえ小さいのに黒だと背景に消えちゃうんだよ。しゃがんだりするとテキメンに見失っちゃうわけ。

 声もすばらしく伸びてて、でもCDの良い子ちゃんな出来じゃなく迫力もあって、すごくよかった。
 音も光もどこまでも広がってゆく感じ。
 気持ちいいー。
 最後『叙情詩』、照明抑えめで始まったら客席を照らすのは青白い月の光のみ…
 筆舌に尽くしがたい、この感じ。
 人間の小細工は自然の雄大さ美しさには到底敵わないなと思った。


 昨日のテレビでは収録とはいえ皆さんお疲れだったようなのでどうなることかと思ったけど、KEN PUNKがバテバテ(いつもだいつも)なこと以外は心配するところもなく全く素晴らしいライブでした。
 ツアーの普通のホール公演の新曲重視のセットリストではなくヒット曲を多く持ってきた感じ?
 Pretty Girlの踊るお姉さんたち(まあ多分年下だけど)、の太もも(*゚∀゚)=3 ムッハー同性の私でも触ってみたいよ。夏っぽくて野外っぽくてちょっぴりおバカぽくて、楽しい演出。
 瞳ちゃんでじんわり泣けた。hydeの声が包み込むように優しい。

 すごい日焼けしちゃった…。し、染みがコワイ orz

 で、朝からライブまでは
続きを読む >>
| L'Arc〜en〜Ciel | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


L'Arc〜en〜Ciel「またハートに火をつけろ!」浜松アクトシティ
 生まれてから約8年間を浜松のお隣磐田で過ごし、今も親類縁者の多くが遠州に住んでいる身として言わせて下さい。

 浜松名物ってさ、他県の人から見たらうなぎしかないのかよ!
 お茶とかさ、愛媛や和歌山より目立たないけど三ヶ日みかんだってあるし
凧あげも有名だし、遠州灘の浜(中田島の辺りか?)が亀の繁殖地になってるのも割と知られてると思うんだけど。
 ラルクデコトラは「うなぎ」看板の街道を通ってゆきました(函館のときはもっとバラエティあったのに…)
 そしてhydeのMCで
「副市長がうなぎイヌってほんと?」
 ↑それってうなぎじゃないじゃん…
 kenちゃんMCでは
「(うなぎパイって)夜のお菓子なのに夜売ってないよね」
(客:すみません)
「『すみません』!?w君のせいか!」
 kenちゃんが昔のCMの話をしてた。kenちゃんが名古屋にいた頃っつーと大体20年前?(ひょー)丁度私は東京に引っ越した頃だな、年齢的にはわかる話だったんだ。知らないけど。

 そんなこんなの浜松ライブ。
 相方にしてくれたMさんありがたや。
 話を振ってくれたいのさんありがたや。
 アクトシティはバブルの残り香のする小綺麗なホールでパイプオルガンがあるらしい。天井たかーい。1階の床の使い方が贅沢ひろびろ。
 今回のお席は3階。
 でもバナナ届いてたよ!男の人ってすごいなあ。
 肩痛めたりしないでほしいなって――まあ巨大なお世話ですけど。腕グルグルしてまで頑張って投げてるの見るとちょっと心配になったりしてしまうのでした。本職は楽器弾きな訳でね…。
 なぜかスタッフの人まで一緒になって腕をグルングルン回してるのを目撃してしまった…なんの祈りだ。

 クリスマスって突然言われても。
 色々探してもグッズは見つからなかったものの、パンク撮影は楽しかったです。
 take2がどーのこーのいうのも、ちゃんと1度聞かせてから撮ろうという優しさだろうし。
 結構沢山の人がサンタさんになってたな。皆さんお家に常備?されているということでしょうか。うーんカルチャーショック。
 あと、FC会報のイヤモニの話を読んだ後だったので歌に気持ちを込めてるんであろうことを思って、感動したりしました。

 席は3階の一番前だったんで、手すり部分に「立ったり跳んだりしちゃだめだよー」という張り紙がありました。
 もともと腰より低い位置に手すりがあるので、高所恐怖症の私は跳ぶ気にはならないのですが。
 たぶん3階の両サイド席、2階正面席両サイド席にも同じ文書が貼ってあったと思います。なんか白いの見えたから。
 ざっと見たところ、3階正面席が一番言いつけを守っていい子で見てたと思います。PUNK収録で煽られた時は立ってる人もいたけど、それを止めるならあの前フリはなしだなということになる訳で…。
 もしかしてメンバーが事情を知らなかったら、「なんだよノリ悪いな」って苦々しく思ったかもしれないけど、
 私は、あのとき3階1列目に居た人を誇りに思うよ。


 そいえば自分自身も浜松駅を利用するのは初めてだったり…
 駅中にKAWAIのピアノやSUZUKIのバイクが展示してあったりカオスでマターリ(あ、楽器も名物かも)。
 ちなみにお土産はうなぎパイ以外では「お茶フリアン」が美味しいと思いますよ。あんまり駅売りはしてないけど。
| L'Arc〜en〜Ciel | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


ざっとここまでの経緯をまとめると
 一般?取れる訳ないし。
 限定?以下同文
 グッズでバナナケースが!ほらね!やっぱりね!
 新しいアー写、なんか胡散臭い。「どちらさんですか?」と訊ねたくなる。

 ひょうたんがラッキーアイテムなtetsuさんはこれをお部屋に置けばいいと思った。click here
 冗談ですよ。
 でも この写真 みると、吊り下げて使うっつのは可愛いかも。
 ところで「ひょうたんは修理できません」って説明文、
 フツーわかるだろ、言われなくても…
続きを読む >>
| L'Arc〜en〜Ciel | 00:45 | comments(11) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


天嘉 伍 @日本武道館
 東京ドームさえ広く感じなくなる昨今、武道館がすごく狭く感じた。
 実際アリーナの半分よりこっちから始まってるブロックもあったくらいで、ステージがずいぶん迫ってきてたんだろうけども。
 サブステージっていうから「主」「副」かと思ったら「副(下手)」「主」「副(上手)」って予想外。
 このおかげで進行が巻きに巻いてたけど、休憩時間少ないのも案外面倒ね。トイレとか間食のタイミングとかさ。
 やっぱ全般的に20分は短い。これだと2、3曲でしょう(売れ線には多少余裕が与えられたようだが)。
 なかなかみんなに嬉しいシステムを作るのは難しいのね。
 天嘉が10回目を数える頃にはうまく回りそうな気はしている。


■Ken
 いやほんとお背が高くてマキモノがお似合いでいらっしゃる。
 やっぱken曲はよいなあと思いました。
 ギターがミヤくんだったのもよかったな。

■ギルガメッシュ
 あー…あんまり覚えてないや…

■Lion Heads
 sakura、また小力かとおもっt(ry
 最後の曲のお医者さんコスはなんなんじゃ。ドラムの看護婦さんは可愛い。

 ■BLAZE
 アーティストのオフショットでみかける社長は「社長!」なのにステージ上ではなんかぎこちない(笑)
 照明がすっごく奇麗だった。細かくいうなら、トラスの影がよかったー。

□176BIZ
 といれたいむ。

■杉本善徳
 teっちゃんのいうところの、繰り返すと面白くなるというアレだな。
 1年越しのネタ。

■creature creature
 なんか神を見たね。
 でも最後のお礼の言葉はずいぶん柔らかかった。つか、喋らないと思ってたのでうたじゃないお声が聞けるとは意外だった。
 今回はちょっと物足りなかったけど、28日はワンマンだー。

■ROACH
 沖縄音楽とメタルの融合?
 最近土着の匂いのする音楽が面白いと思うので(HeavensDustとかね)今後の活動が楽しみ。

■BUG
 上手ステージだったのですごく近かった。
 所狭しと駆け回るkyoさんがステキと思うます。

■シド
 最後にやった「久しぶりに演奏する」つった曲が、私の中の最初のシドの記憶だな。
 井上陽水みたいな詞をかくなぁと思った。

■Velvet Spider
 Jimmyさんがあまりに変わらなくてコワイ…

■ラヴィアンローズ
 流石に事前情報をすべて脳から排除して、フィルターなしで演奏を見ることは出来なかった。
 だからもう、なにしててもこれで最後なんだ…って思っちゃって。
 おつかれさま。ありがとう。

■tetsu
 みんなお揃いの衣装だったので西川貴教氏の新しいバンド(?)のようと思った。
 格好といい一部のメロディといい、80sアイドルかい。
 でもまあ彼はそういうキャラなのだ。それが彼を活かす路線なのだと思うですよ。そして彼もそれをよく知悉してらっさる。
 メドレーよかったす。
 ネタはあれこれ繰り返し過ぎです(笑)。

■SOAP
 ひさしぶりに聴いたー。
 『gimme A guitar』のちょっとウィスパーっぽくなるところ、大好き。
 サイドのうりぼーが気になってしょうがない。回転するは目は赤く光るは…。カメラもうりぼー越しの映像ばかり流れるし。
 最後にsakuraがうりぼーの牙を折ってしまったときには「このヘタレが!」と思ったり。
 あれが当選した人からヨロコビを感じなかったのは、やっぱ要らないからだよね…(笑)

■ムック
 トリ。かっこよかったです。
 最後の曲といい、AllStarsでの『JAM』のカバーといいたつろは色々考えてるのかな?
 ベースの効いた曲がすごくすき。iTMSで探そう。


 賛否両論あるあのへんは、二つとも引っかかってしまいました。
 yさんノータッチぶりもなんかね…ぜったい最後の最後には出てきてくれると思ったのにな!
 自分の気持ちに整理を付けるために、続きを書きます。他人が読んで面白いものだとは思わない。
続きを読む >>
| L'Arc〜en〜Ciel | 23:53 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


L'Anniversery @ 東京ドーム2日目
 本日は昨日よりやや下手寄りの1Fスタンド。
 昨日はステージ横の目潰し(明かり)にしっかりやられてしまったので、ちょっと避けられていい感じ。演出も真正面じゃない分冷静に見られるというか。

 今日は、今日はなあ、OPのあのアホ映像みただけで涙が出そうだったんだ。
 涙腺のヤツももう経年劣化でもろくなってやがるからな。うん、別にあの映像に感動したわけじゃない断じて。

 いざ始まってサブステージ見ると、どうもステージ横側にくると顔が暗い。昨日は近かったから気にならなかったんだろうか。
 何かの時にふと見たらピンスポ用タワーの足元に客席を照らす用の明かりがあったんだけど、客あててる場合じゃないyo!ってちょっとつっこみたかった。AWAKE代々木の時のようにサーチでも置けばいいのにと思ったな。
 2度目のサブステージの時にはメインステージ脇からフォローしてんのが見えたけど、そっちからだとやっぱり横からの光が足りない気味。

 本日kenちゃんMCは和みました。
 タイムマシンなのね、信じなきゃいけないよね(笑)。
 でもって、『All dead』はkenちゃんのリクエスト。ということで。
 それ聞いて、全曲kenちゃんセレクトのセットリストだったら、teっちゃんセレクトだったら、ユッキーセレクトだったら、どうなるんだろうな?と思いました。いつかそんなライブが見てみたい。

 『MetroPolice』はhydeのエロさに磨きがかかってました。乗ってんなー。股間映像はあっさりした。
 昨日も思ったけど、これやってくれるなら『the ghost in my room』をリクすればよかった!CDでの艶っぽい声が好きだー。この2日間のhydeの調子からいったら最高のものが聴けたはず。
 だけど大好きな『いばらの涙』やったからいっか。
 サビでhydeが大写しになったとき、服といい炎の映像といい赤い照明といい、まんまGCみたいだわーと思いました。

 yukihiro先生のありがたいお言葉。
 お言葉自体もですが、その後のメンバーに対するお辞儀にぐっとキタよ。
 
 kenちゃんハッピーバースデー。
 本当に泣きそうな顔したkenちゃんが愛しい。
 そしてそんな様子を見て私も泣きそうになってしまった。
 でも昨日ユッキーがお祝いされたんだからちょっとは予想しててよ(笑)。ユッキーは当日にもお祝いあったんだろうなと予想してみる。その分耐性(???)出来てたかな。
 ギター型ケーキすごい。あんなのどこに頼んで作ってもらうんだろ?
 そしてkenちゃんは全く自分のペースで、照明が消えるのも待たずに火を消してしまうのでした。空気嫁!(笑)

 ラストが『虹』っていいね。
 『あなた』とか『Pieces』『瞳の住人』も悪くはないんだけど、しんみりして目を閉じて終わる感じ。
 『虹』はただ優しいだけじゃなく、強い意志みたいなものを感じる。雨上がりに扉を開けて、でかけるかーと気合を入れて希望を匂わせて終わる気がする。
 そして今日は輪をかけて、hydeのMCがよかった。
「どうしてこんなに愛されてるのかわからないけれど」
ってさ。愛されてるって伝わってるなら、それで充分だ。ありがとう、受け止めてくれて。
「次は30周年だと思うけど(笑)、腰が曲がってても来てくれる?」
 その時のhydeの声がすっごく優しくて、涙が止まらなくなってしまった。
 行くよ。腰が曲がっててもよぼよぼでも、ラルクはラルクだよ。元気でいてね。
 …でもさ、それじゃ「今から30年」を想定して話をしてるみたいだよね。
 ご飯食べてるときに幸さんが「15年後っていうことはちょうど今の(サザンの)桑田さんだと思えばいいんだよ」って言って、なるほどなぁと腑に落ちました。
 で、まだまだイケルよね、と確信しました。


 終演後毎度のプロモーション。
 ark ray再発、そしてソロ最新作のCM、teっちゃんのニュース等、そのそれぞれに歓声が上がるラルクって、すごくいいなーと思った。
 1人1人がミリョク的なミュージシャンで、4人揃うとミリョクは4倍どころじゃなくて。
 ファンも「1×4」と「4」との違いを楽しめてるってこと。
 バンドやってる人がソロ活動っていうとどうしても解散という2文字が浮かんでしまいがちだけど、ラルクは幸せに両立していけてる。
 よかった。全部楽しめて。

 そしてきちゃった。ラルク本体の告知。
初期PV DVD化
  …ごめん、わりとどうでもいい。
 PV自体は3枚ベスト買ったときについてきたしなー。
 なんかプラスアルファがあってほしいところ。
ライブDVD BOX発売
 なんでGC?と思いつつもこりゃあ買うと思う。
全国ホールツアー!
 キタ━ヽ(・ω(´Д(゚∀(´ω(・∀(^Д(゚0(´θ(´▽`*)ノ━!!!
 東名阪は追加かな?来ないなんて斬新なことしないよね?
 土日利用の泊りがけがあんまり出来ないスケジュールだな。地元優先ってことか。
 転職しようと思ってたんだけど、ツアーまわるなら今の会社の方がやりやすそう(夏は忙しくないので休んでもあんまり支障ない。有給もあるし)。
 そんな基準で人生決めていいのか。
 
 泣かされたりハッピーになったり、まったくラルクの掌で踊らされてるよな。

あまりといえばあんまりなちなみになんとなく書いてみた今日のユッキーの格好。ちょっとひどいくらい顔の書き込みが少ない(笑)
| L'Arc〜en〜Ciel | 23:47 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *