LINE OUT

ラルクとか六色林檎とか

 CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
 SELECT LOGs
 BlogParts


 SELECTED ENTRIES
 RECENT COMMENT
 RECENT TRACKBACK
 Favorite blogs
 LINKS
 PROFILE
 OTHERS
 Ad
<< 2/53PAGES >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
* * *


SOIL & "PIMP" SESSIONS『TOUR 2009〜WORLD TOUR KICK OFF PARTY〜三点天国攻め』赤坂BLITZ
2009年6月12日 SOIL & "PIMP" SESSIONS『TOUR 2009〜WORLD TOUR KICK OFF PARTY〜三点天国攻め』赤坂BLITZ

 あるはずの予定がふと消えたので、EZOの予習も兼ねて当日券にて参戦。
 wikipediaとかでバンドについて読むとなんだか怖そうだなーと心配してたんだけど、始まってしまえばそんな心配は杞憂で、自分の中で今日は大人しめに見る(汗だくになる用意をしてないから)っていう決め事をしていなければもっと一生懸命踊ってしまっただろうな。
続きを読む >>
| LIVE/EVENT/STAGE | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


GREENROOM FESTIVAL @ 横浜大さん橋ホール
 The Greenroom Festival @ 横浜大さん橋ホール

 昨日、あんなこと を思っていながら、どうしてまた化粧品を持っていかないのか。
 そしてまた見たいバンドに間に合わないのか。時間にだらしないのってやあね。
続きを読む >>
| LIVE/EVENT/STAGE | 23:00 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


GREENROOM FESTIVAL(スカパラ分) @ 横浜大さん橋ホール
 The Greenroom Festival @ 横浜大さん橋ホール

 あーあ、なんで化粧品持ってこなかったんだろ。
 A:私に先見性がないから
 と終了後自問自答してました。
 ワンマンじゃなくてもあれだけ汗かくんだな。

 まったりしたイベントなのかなって勝手に予想して化粧直しもしないだろうって決めつけちゃったけど、スカパラにまったりはなかった(笑)
 着替えは持ってきたからまだよかった。
 酸欠だ。
 しむ。


 入ったときには既に始まってて
 えーと何やってたかな
  A Song for Athlete
  Call from Rio
  Heaven's Door
  そばにいて黙るとき
  White Light
  Pride Of Lions
  Paradise Blue
 頭が1曲?抜けてる。
 見てた分も1曲2曲抜けてると思う。最後4曲は合ってるはずだけど。
 いつもどおり記憶が遠い。
 このフェス行ったのは、イベント用セトリを占う意味もあったんだけど、『paradise Blue』を中心に予習させた方がいいな。母に。
 姫路でも『Call from Rio』やってたから、そこもかな?

 NARGOさんの髪は変わらず短く(切ったばっかりなんだから当たり前だ)、
 パーカッションの貴公子はWhite Lightでもずっとパーカスのとこにいて、
 オッキーのソロちょいおとなし目?
 GAMOさんと加藤さんがすごく煽ってたな。
 なんかの曲の前奏でブツンって音がして、ホーンが聞こえなくなった。
 ちょっとハラハラしたけど、そのうち音も戻ったしやり直しもなし。

 お客さんのノリもよくって、よかったです。
 あからさまにスカパラファンって言う人は私のいた所からだとあんまり見えなかったんだけど、ファン以外の人もすごく踊ったり、ヒューヒュー言ったりしてました。あと、すげーって言ったり(主に揺れに対してw)。
 『そばにいて黙るとき』が盛り上がるっていうのは、ワンマンではなかったので、面白いなあと思いました。
 「しんみりするときほど騒ぐっていう優しさ」みたいなレスポンスって感じで。
 それが特にファンじゃない層から出てくるのが、よいなあと思いました。

 床が揺れるのは仕様らしいw
 ただ立ってるだけでもトランポリンの上にいるようだったよ。もしくは跳び箱の踏切台とかw
 ジャンプすると跳んだとこと着地するとこが違うから変な感じだし、なんか酔うっていうか帰宅した今になっても体が揺れてる感じがするー。
 あと2回くらいスカパラがやったら、あそこ壊れると思った。


 これでオルステTもしばらく着納め。
 次に出すのはRSRのときかな。あ、スカジャンボリーがあるか。
 (とかいいつつ、フツーに会社に着ていったりしてしまう私)


 ほかにUAちゃんとCaravanみましたが、それは2日目の分とまとめますー
| 東京スカパラダイスオーケストラ | 23:54 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


東京スカパラダイスオーケストラ『Pradise Blue Tour』ZeppTokyo
 とんと記憶がないのですが思い出せることだけレポりますよ。

 個人的な話ですが、今回全然チケットとれなくて。
 ホットスタッフのサイトで当日券ないって宣言されちゃったし、mixiの譲りますスレで頑張って探してたんですが、10人に断られたりして、自棄になってSX(パソコン)衝動買いしちゃったりしたんですがw
 当日!
 ようやくオッケーですよの返事がいただけたのです。
 ありがとーございます!
 ダメ元でしたが、ツアー最終日参加出来るってことが本当に嬉しかった。

 グッズの列に並んでる時、何人かインタビュー受けてた。テレ朝らしいね。
 沖さんがMC中にさっきインタビュー受けたって言ってたけど、アルバムプロモーションじゃない(たぶん)インタビューってことは、ライブの模様とインタビューを織り交ぜた番組をやるのかな。
 テレ朝…ファンに不評のラルク@ASIA LIVEのあの番組か…?

 グッズといえばストラップは早々に売り切れでした。50人目くらいに並んでる思ったんだけど…。一人1個の制限あったのに。あんまり用意されてなかったのかな。
 通販でも品切れらしいし。もう手に入れられないのだろうかorz


 整理番号はB500後半でしたが、1柵目もフツーに行ける感じだったので前へ。
 上手下手は悩んだけど、今回は大森さんを見ようと。パーカッションとはどういうものなのかと。上手にいきました。壁とステージの境くらい。
 が、入場する人がまだいるので流されてわりとステージ全体が見えるあたりまで来た。
 開演後も押しがあんまりなくて、場所はそんなに動かなかったな。

 2階の両サイドにあったZEPPのネオンサインが消えて、いよいよスタート。
続きを読む >>
| 東京スカパラダイスオーケストラ | 23:49 | comments(1) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
* * *


スカパラ三昧
 可愛いブログパーツがあったので紹介しますよ。
 鍵盤ハーモニカー!



 お手軽なところで『SKA ME CRAZY』の前奏を。

 もう何年も楽器に触れていない私ですが、自分の動きに呼応して音が出るということ自体が楽しい。
 ひとりで弾いてる分には「楽しい」だけですむのだが(トリル以外)、音源に合わせて弾こうとするとたちまちマウス持つ手がぷるぷるして攣りそうになるw 高橋名人張りの連射をしないといかん。
 
 と思ったら「?」マークをクリックするとキーボード対応表がデタ!
 これならちょっと弾きやすい。
 どうせならば横向きにした方が、鍵盤との一致が分かりやすいね。



 多少打鍵の不確実さもあるけど、本物のピアニカもそんな感じよね。たまに「ぷすかー」とかいっちゃうの。

 NARGOさんといえば、お誕生日の時のスタ日記の写真はペコちゃんのようにお可愛らしい笑顔でいらっしゃる。なぜ私の見に行ったライブ中は「ニッコリ」ではなく「ニヤリ」だったのか…。
 大森さんのバカボンのパパは異常に上手いな。
 これはあれだよね、"はじめちゃん"がパパの絵を描いたっていうことなんだよね?

 最近スカパラのことばっかりで我ながらあまりにもヒドイので、先週一週間スカパラ聴くのを自ら禁止してたんですね。聴き過ぎで嫌いになっちゃいそうなくらいだったのでw
 そしたら土曜日、たまたま車内でつけていたFMの上原多香子ちゃんの番組で『そばにいて黙るとき』がかかったんですよ。1番(歌詞がなくても1番って言うのかな?)しかかかんなくて不完全燃焼でしたが(笑)。
 禁止を解こうかというこのタイミングで、自分の意志と関係なく聴けたことに偶然の一致以上のものを勝手に感じてしまいました。
 そして一週あけて聴いたスカパラは、やっぱりよかたよ。
 
 もひとつ偶然。
 渋谷の本屋さんでSAX & BRASS magazineのバックナンバーを3冊見つけました。
 勝手に『Paradise blue』プロモーションの掲載されている号だと思って手に取ったんですが、スーツの色といいプロフィールの文章といい違和感があるなーと思ったら、Vol.3(2007年)でしたよ。谷中さんと北原さんが表紙の。
 で、3冊のうちもう一冊がvol.10で、北原さんが『Paradise blue』について語ってました。
 当然2冊ともお買い上げです。
 (失礼ながら)あんまりメジャーじゃない雑誌がバックナンバー含め3冊あって、うち2冊にスカパラの記事が掲載されていて、このタイミングで手にすることができたってのは
 運命じゃないかしらと勘違いしちゃうよねw
 ブログにスカパラカテゴリを作ろうか、考えてしまいます。

 朝日新聞は母に頼んでもらってもらった。彼女の勤め先でとってるから。
 自分の会社の人に頼んでもよかったんですが、また説明がめんどくさいしさ…(「どういう人なの?好きなの?ライブ行ってんの?まあー」ほっとけ)
 姫路城ライブ一層楽しみになりました。
 噂によるとやたら横長の席配置みたいだけど、それってどんなの?ラルク@コニファーフォレストみたいな?城ってそんなに広いのか?
| 東京スカパラダイスオーケストラ | 22:54 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


RISING SUN ROCK FESTIVAL HEAVENS TENT SITE抽選結果
 今年はローソンチケットにて申し込みしたRISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO。
 どこまで本気か分からないけど同行者が出来たようなので、その人の要望に合わせてトイレが割と近いイカエリアを第一希望に、周辺2エリアとともに申し込みをして、
 イカ、当選。
 まあ、海産物エリアは比較的倍率低いみたいですしね。
 そう思っていても、やっぱり当選メールくるとテンションがあがってしまいます。

 2人参加なので、去年の じゃ小さいからテントを新調しました

LOGOS(ロゴス) ドーム ステラ 200FR-Z
 選ぶ基準?値段です(キッパリ)。
 別のショップでセールやってるときに買ったから6800円だったの。今は楽天じゃここが最安ですね。
 ドーム式っていうんですかね、ポールを立てればテントが立つタイプの。超インドア派の私でも組み立てられます(一人では…どうだろう)。
 あとは
  フルフライであること:雨ニモマケズ
  前室がある:なにかと荷物置いたり
  両サイドにメッシュつきドアがある:通風のため
 ことかな?
 難燃とかUVカットは効果がどれくらいのものかよくわからないので、あればあるに越したことはないか、くらいで。
 やっぱり天井高がないから着替えは大変だと思うけど。

 さ、あとはアーティスト発表を楽しみに待ちましょう♪
| Rising Sun Rock Festival | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


【Mac】歌詞表示と簡易操作【iTunes】
私の中で一個問題が解決したので書いておきます。

 ずっとQuickTunesというソフトを使ってました。
 メニューバーに現在再生中のiTunesの曲名・アーティスト名を表示するソフトです。

 こんな感じで。
 ご覧の通りスキップとか一時停止とか、簡易的なコントローラーにもなっていて(ショートカットキーも割り振れるし)よいのですが。
 起動項目に入れていてもなんかうまく動かない時がある。
 そしてこっちの方が大きな問題なんですが、表示される文字列が長過ぎたり、最前面にあるアプリのメニュー項目が多すぎたりするとなにも表示されないw
 まさにこの曲なんか好例ですが、FireFoxやPreview.appが起動してると右側メニューとアプリのメニューの間はナニモナシになってしまうのです。
 フォントサイズを小さくしてもみたけど、ある程度の大きさがないと見づらい。
 表示するのを曲名だけ、アーティスト名だけに変えることも出来るけど、それもちょっとなあ。
 あと、文字じゃなくて、『Q』ってアイコンに変更出来るけど、そうすると曲情報を得るには一手間かかってしまう。

 それとは別件で、曲の歌詞を表示するソフトがほしいなあと思っていました。
 iTunesにいくつか歌詞入力はしてあるけど、iTunes自体を四六時中いじっているわけではないですから、普段ちょいちょいと歌詞は見れない。

 そこでTunesTEXTを入れてみました。
 Dashboardアプリですがちょっとしたおまじない(たとえばこことか)で通常のデスクトップ上に表示して使えます。


 こんな感じで歌詞表示。
 ライブ前の予習がお手軽になります。


 ちいちゃく畳んで、曲名とアーティスト名もしくは曲名とアルバム名だけ。


 オンマウスでちょっとしたコントローラーにも。

 このソフト自体が歌詞を探しにいってもくれるし、自分で入れてもオケ。

 というわけで全面解決!かと思ったんだけど
 これずっと出てるとジャマ(笑)
 右上はメニューもあるし、ブラウザの検索バーもあるしでいろいろ使うんだよなー。
 といって普通のアプリじゃないから隠すってのもないし、command+tabでの切り替えってのもないし、他のウィンドウがポゼってようがマイペースでそこにあり続ける。
 
 うーん、どこに落としどころを見つけるべきか…
| Mac, Web, and so on | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


東京スカパラダイスオーケストラ『Paradise Blue Tour』恵比寿Liquidroom
東京スカパラダイスオーケストラ『Paradise Blue Tour』恵比寿Liquidroom

 Zepp取れなかった以上個人的にツアー最終日なので、後悔しないように盛り上がってきました。

 本日は下手も下手、スピーカー前(横かも)の3列目くらいで開演待ちをしていました。

 その辺は「通常お客さんのいるべき場所」と見なされてないかもしれないことはわかる。
 だから舞台袖の向こう側の廊下かなんかの明るいスペースが見えてるのも、そこにスタッフさんが出入りしてるのが見えるのもしょうがないのかなあと思いながら、しかし幕をずらすとかなんとか出来んもんなのかとじっと見てたのです。
 そしたら。

 青 い ス ー ツ の 人 が ぷ ら ぷ ら 歩 い て る の が 見 え た 。

 いや、ぷらぷらって書くと本番前なのに緊張感なさげに聞こえるけど、ホントにぷらぷらしてたんだもんw
 そこはメンバーは仕舞われといてw
 ちなみに淡い色の帽子を被ってる人です。
 案の定しばらくしたら開演しました。
 メンバー皆様上手からご登場。


 フロントがみんな並んで演奏してる姿が、それだけで、なんとも格好いい!
 隣の男の子が「カッコイイ…」と放心したように言っていたのが印象的。
 今日は近くで見たからか、指先に集中してるNARGOさんがかっこいいなあと思った。
 関係ないけど、きんちゃんも「永遠のちゃん」なのかもしれん。

 本編最後の畳み掛けるところで、毎度しむと思うw
 気付くと指先が汗でふやけてる。
 で、恵比寿で初めて、メンバーの汗もすごいことに気付いた。
 加藤さんなんかストラップのあたる場所のスーツの色が違う。
続きを読む >>
| 東京スカパラダイスオーケストラ | 22:56 | comments(1) | trackbacks(2) | ↑PAGE TOP
* * *