LINE OUT

ラルクとか六色林檎とか

 CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
 SELECT LOGs
 BlogParts


 SELECTED ENTRIES
 RECENT COMMENT
 RECENT TRACKBACK
 Favorite blogs
 LINKS
 PROFILE
 OTHERS
 Ad
<< GREENROOM FESTIVAL @ 横浜大さん橋ホール | main | そしてパラダイスの続く旅 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
* * *


SOIL & "PIMP" SESSIONS『TOUR 2009〜WORLD TOUR KICK OFF PARTY〜三点天国攻め』赤坂BLITZ
2009年6月12日 SOIL & "PIMP" SESSIONS『TOUR 2009〜WORLD TOUR KICK OFF PARTY〜三点天国攻め』赤坂BLITZ

 あるはずの予定がふと消えたので、EZOの予習も兼ねて当日券にて参戦。
 wikipediaとかでバンドについて読むとなんだか怖そうだなーと心配してたんだけど、始まってしまえばそんな心配は杞憂で、自分の中で今日は大人しめに見る(汗だくになる用意をしてないから)っていう決め事をしていなければもっと一生懸命踊ってしまっただろうな。
 お客さんもバンドのパートの一部って感じ。
 新曲やったんだけど、最初っからみんな踊る踊る。
 それはダンスチューンなのもあるだろうけど、メンバーのアイコンタクトを見てるとか、音楽をじっくり聴いてるとかで、曲の展開を感じ取っているのだと思う。
 楽器のセッションて(したことないけど)そういうものでしょ。
 楽しかった。
 ドラムのリズムパターンをお客がクラップで返すっていうのも面白かったな。
 最初は「ドンドンドン」くらいだったんだけど、だんだん初聞きじゃわかんない&手では忙しすぎてたたけないwリズムになってきちゃって客席苦笑(でも続けるみどりん)。
 社長MCしようとするも息が切れてて、「今日はお前たちの勝ちだな」って言ったのも、面白いって言うかステージのこっちとそっちが対等にやりあってるみたいで面白かった。

 「SOIL!SOIL!」っていうコールを「もっと速く出来るかー?」と問われて反応がうすい客席ってのも正直だなあと思った(笑)。たしかにね、その速さになると腕を上げるにも結構キツイよね。


 知ってる曲は一曲もないはずなのに、中盤聞いたことのあるメロディが。
 あとからわかったんだけど、J.A.Mってこのバンドの人たちだったんだね。朽ちた鍵盤のフライヤーにきゅんときて『Just a maestro』買ったんでした。


 最後の曲はみんなソロあり。丈青さんだけが「まだまだ丈青」「ずっと丈青」って長いw
 んで「今日最後のソリストは誰がいい?」と尋ねる社長。
 お客さんは「社長!」「社長!」というも、社長は黙って首を横にふりふり(なんか可愛い…)。
 でも結局社長が仕切ってくれた。あれはなんていうの、歌っていうんじゃないし、アジとも違う。



 ステージ上のでかミラーボールが綺麗。
 ミラボあてだけがムービング。アメーバネタを浴びながら回転するミラボなんてそうそう見ない(笑)。
 ・ミラボは薄い青紫、周りのパーは濃いめ暖色系マルチカラー
 ・薄いアンバー+薄い紫のパー(38と88かな?)
 ・それとミラボあてがランダムにストロボっぽく点くの
 が特に印象的だった。
 照明のかっこよさにもくらくらしちゃう。

 ドリンクカウンター横にお花が。
 スカパラ兄さんたちは青いアジサイとやっぱり青い一重の花のカゴ(そこまで青にこだわるのか)。
 となりに勝手さんが真っ赤な薔薇!ちょっと重なりが少なくて、暑苦しくない感じ。
 その隣が林檎ちゃん、白が基調の大人っぽいカゴ。
 その横が、ジ ェ ロ でした。


赤坂BLITZ
:千代田線「赤坂」3b出口(ここが一番分かりやすい!出たところがBLITZ入り口)
:銀座線・丸の内線「赤坂見附」(結構歩く、地図を確認しつつ)
:南北線・銀座線「溜池山王」
:ロッカー 入場後右手方向300円 数は結構ある。ドリンクの受け渡しの人と交差するつくりなので出入りが混む。終演後、階段を上ってしまうとドリンクはもらえない。
| LIVE/EVENT/STAGE | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


スポンサーサイト
| - | 23:33 | - | - | ↑PAGE TOP
* * *

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fifthmoon.jugem.cc/trackback/468
トラックバック