LINE OUT

ラルクとか六色林檎とか

 CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
 SELECT LOGs
 BlogParts


 SELECTED ENTRIES
 RECENT COMMENT
 RECENT TRACKBACK
 Favorite blogs
 LINKS
 PROFILE
 OTHERS
 Ad
<< 全てが虹色に染まる世界を | main | creature creature "Light&Lust"@渋谷AX >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
* * *


天嘉 伍 @日本武道館
 東京ドームさえ広く感じなくなる昨今、武道館がすごく狭く感じた。
 実際アリーナの半分よりこっちから始まってるブロックもあったくらいで、ステージがずいぶん迫ってきてたんだろうけども。
 サブステージっていうから「主」「副」かと思ったら「副(下手)」「主」「副(上手)」って予想外。
 このおかげで進行が巻きに巻いてたけど、休憩時間少ないのも案外面倒ね。トイレとか間食のタイミングとかさ。
 やっぱ全般的に20分は短い。これだと2、3曲でしょう(売れ線には多少余裕が与えられたようだが)。
 なかなかみんなに嬉しいシステムを作るのは難しいのね。
 天嘉が10回目を数える頃にはうまく回りそうな気はしている。


■Ken
 いやほんとお背が高くてマキモノがお似合いでいらっしゃる。
 やっぱken曲はよいなあと思いました。
 ギターがミヤくんだったのもよかったな。

■ギルガメッシュ
 あー…あんまり覚えてないや…

■Lion Heads
 sakura、また小力かとおもっt(ry
 最後の曲のお医者さんコスはなんなんじゃ。ドラムの看護婦さんは可愛い。

 ■BLAZE
 アーティストのオフショットでみかける社長は「社長!」なのにステージ上ではなんかぎこちない(笑)
 照明がすっごく奇麗だった。細かくいうなら、トラスの影がよかったー。

□176BIZ
 といれたいむ。

■杉本善徳
 teっちゃんのいうところの、繰り返すと面白くなるというアレだな。
 1年越しのネタ。

■creature creature
 なんか神を見たね。
 でも最後のお礼の言葉はずいぶん柔らかかった。つか、喋らないと思ってたのでうたじゃないお声が聞けるとは意外だった。
 今回はちょっと物足りなかったけど、28日はワンマンだー。

■ROACH
 沖縄音楽とメタルの融合?
 最近土着の匂いのする音楽が面白いと思うので(HeavensDustとかね)今後の活動が楽しみ。

■BUG
 上手ステージだったのですごく近かった。
 所狭しと駆け回るkyoさんがステキと思うます。

■シド
 最後にやった「久しぶりに演奏する」つった曲が、私の中の最初のシドの記憶だな。
 井上陽水みたいな詞をかくなぁと思った。

■Velvet Spider
 Jimmyさんがあまりに変わらなくてコワイ…

■ラヴィアンローズ
 流石に事前情報をすべて脳から排除して、フィルターなしで演奏を見ることは出来なかった。
 だからもう、なにしててもこれで最後なんだ…って思っちゃって。
 おつかれさま。ありがとう。

■tetsu
 みんなお揃いの衣装だったので西川貴教氏の新しいバンド(?)のようと思った。
 格好といい一部のメロディといい、80sアイドルかい。
 でもまあ彼はそういうキャラなのだ。それが彼を活かす路線なのだと思うですよ。そして彼もそれをよく知悉してらっさる。
 メドレーよかったす。
 ネタはあれこれ繰り返し過ぎです(笑)。

■SOAP
 ひさしぶりに聴いたー。
 『gimme A guitar』のちょっとウィスパーっぽくなるところ、大好き。
 サイドのうりぼーが気になってしょうがない。回転するは目は赤く光るは…。カメラもうりぼー越しの映像ばかり流れるし。
 最後にsakuraがうりぼーの牙を折ってしまったときには「このヘタレが!」と思ったり。
 あれが当選した人からヨロコビを感じなかったのは、やっぱ要らないからだよね…(笑)

■ムック
 トリ。かっこよかったです。
 最後の曲といい、AllStarsでの『JAM』のカバーといいたつろは色々考えてるのかな?
 ベースの効いた曲がすごくすき。iTMSで探そう。


 賛否両論あるあのへんは、二つとも引っかかってしまいました。
 yさんノータッチぶりもなんかね…ぜったい最後の最後には出てきてくれると思ったのにな!
 自分の気持ちに整理を付けるために、続きを書きます。他人が読んで面白いものだとは思わない。
 『I'm so happy』は、666ツアーでfurutonドラムで聴いたときはそんなに拒否反応出なかったので、sakuraっていうのが引っかかるんだろうな。
 あと、自分の歌っていうのもなんか芸がないなぁっていう感じする。ちゃんとネタしいれてよ!みたいな。
 でも嬉しい人もいるんだよね。
 L'Anniverseryでもリクエストが数多く集まったのにあの場で演奏しなかった分、こうやって見せてくれるのは、hydeのサービスの一つでもあるんだろう。
 喜ぶ人がいるならしょがないか。


 『虹』は…
 去年みたいに別の曲なら気にならなかった。
 だけどhydeの曲で歌われた『虹』に涙したのがたった1月前。もうちょっと私の中では大事にとっておきたかったな。他の人が歌うっていうことに対してもだし、お遊びみたいな場で演奏されるっていうことに対しても。
 こんなこと言うくらいなら、本当は前奏が始まった時点で席を立てばよかったんだと思う。どっか外に行って終わるの待ってれば良かった。音漏れしてて聞こえたとしても、その場にいない=聞こえないっていうふうに置き換えて考えられた。
 でも演奏始まっちゃうと、がさごそと荷物持ち出すのも周りに迷惑っぽかったし、次がまたダラダラ始まっちゃう(笑)なか戻ってくるのもなんかアレかなーと思って抜けられなかった。
 たとえばシドのワンマンで歌ってたよ、と誰かに聞くのなら「ふーん」と思うだけだったと思う。自分の耳で聞いてないから。
 てなことを今週はずっと考えてた。
 これを書いてるのはcreature creatureのワンマンが終わったあとなんだけれども、morrieさんを拝見していてラルクさんたちは確かにこの人の作り出したものに影響を受けていたのだな、と感じる部分があった。ラルクさんのライブ中DEAD ENDのカバーをしてるのはheavenly-films-にも収録されている通り。
 ああ、なんだかこれってhydeのいうところの「食物連鎖」(だから日本語おかしいっての)なのかなって思いましたとさ。
 

 まあ1週間近くたってこんなこと言ってる私がネンチャッキー、と。
| L'Arc〜en〜Ciel | 23:53 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
* * *


スポンサーサイト
| - | 23:53 | - | - | ↑PAGE TOP
* * *

コメント
曲のはなしだとおもう
| BlogPetのらるった | 2007/01/10 10:49 AM |
イチイは曲すきなのかな?
| BlogPetのらるった | 2007/01/17 11:28 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fifthmoon.jugem.cc/trackback/351
トラックバック