LINE OUT

ラルクとか六色林檎とか

 CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
 SELECT LOGs
 BlogParts


 SELECTED ENTRIES
 RECENT COMMENT
 RECENT TRACKBACK
 Favorite blogs
 LINKS
 PROFILE
 OTHERS
 Ad
<< AWAKE TOUR 2005 前夜祭 | main | 祭りの後 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
* * *


一緒に、いい夢みましょう。な前夜祭。
 前エントリ「AWAKE TOUR 2005 前夜祭」の続き。
 思い出せるか前夜祭の全てを!…全ては無理だな。覚えてる分だけ。



 Linkの前、
hyde:「次で最後の曲になりました」
 …はいぃ?
 で、曲が終わると本当に帰っちゃう。唖然。

 その前散々「後ろに下がれ」とスタッフさんもhydeも言ってたのに、まったく反省なしで前に押し寄せるから、そのせいで舞台から降りちゃったのかと思った。ので必死に手拍子(恥ずかしくて声は出せないから、その分)。ずっと「L'Arc」「en」「Ciel」っていう映像が幕に映されていたので、それにあわせて。
 まー、そんな短い訳ないとは理性では思ってたんだけど。

 どれくらい待ったのかな、突然映像がハイジに変わる(笑)。
 オープニングと、クララが立つあのシーンね。
 んでkenちゃんが千羽鶴とクリスマスツリーの電飾みたいなので飾りたてた車椅子で登場、よろよろと立とうとする(フリ)。その度に「クララの意気地なし!意気地なし!意気地、意気地、意気地、意気地なし!」の声だけがリピートされてかかる。
 んでまぁ、kenちゃんは無事立ち上がって、「奇跡が起こった」訳です。

kenちゃん:「事務所に千羽鶴が送られてきて。そんなに重くないんだけどなー。結構遊んでるんだけどなーって。」
kenちゃん:「中には千匹の犬がつなげてある、千匹犬?があったんだけど、それはあんまり、御利益あるのかないのか、ねえ」
 で、元気そうでした。なんの曲のときだったか、ふと気付いたらイっちゃった顔で弾いてて、やっぱkenちゃんはこうでなくっちゃねーと思ったりしました。


hyde:「今夜のアンコールは長いぜ」
 (客:髪型カッコいい)
hyde:「さっきまた切ったんだよね。切りすぎたかなと思ったんだけど」
 (客:格好いいー)
hyde:「毛はまた伸びると思って」
hyde:「生えるんだよ!(笑)」
hyde:「まあ、他の毛も伸びるの早いんだけど(笑)」
 (客:スケベー、えっちー の声に混じって「見せてー」)
hyde:「アホか」
 「格好良い!」って声かけて、「ありがと」って返事してもらった子羨ましいなあ。

tetsu:「暑いなあ!アツはナツいなあ!
続き聞きたい?聞きたいの?
それとも俺のバナナが欲しい?
どっち?
バナナが欲しいの?(バナナ投擲)
次の曲聞きたい〜?」
 私は下手にいたんだけど、下手過ぎて逆にteっちゃんが見えなかった(しょぼーん)。もちょっと前に出て来てくれてもいいんじゃあ。
 hydeはいっぱい下手に来てくれた。というか、上手の人もいっぱい上手に来てくれたと思っているかもしれない(笑)。あれしか幅ないもんね。
 
 あと、なんの話をしてる時だったかkenちゃんがツヤツヤ笑ってて(雰囲気で察して下さい)、ああいいなーと思ってたら、ゆっきも笑ってた!なんか嬉しかった!


 『Ophelia』ではhydeがサックス?演奏。最初「もしや『LORELLY』!?」ってかすかに思ったのは内緒。
かっちょいー。吹いて、すぐに歌ってもブレたりしないんだなぁ。大人の魅力な感じでございました。でも大人と言うにはhydeの今日の容姿は少年ぽすぎたけど…。なんかすごくキラキラしてた。なんか出てた。hydeが奇跡だと思った(イタイか)。ゴシップで取り上げられるときの「hyde(年齢不詳)」は伊達じゃないとおもった。
 『My Dear』はkenちゃんはやっぱ楽器演奏なしで、コーラスのみ。キーボード弾いたらいいのに、なんて。kenちゃんの長い指が鍵盤の上で踊るなんて想像しただけでもハナヂ出るよ。…やらないだろうけど。
 最後の『Ready Steady Go』では、「Please trust me」の後CDではドラムが「ダカスカダカスカダカスカ」って入ってギターが入って終わるけど、ドラムがドゴドゴ鳴り続け(!)そのままエンディングとなりました。ちょっと面白。
 teっちゃんは下手の子たちにベースをお触りさせて、その後いつものように「またねー」って去っていきました。彼の、このセリフがすごく好きだ。あんまりファンに甘いこと言ってくれないけど(笑)、ここだけは「そう言ったらファンが喜ぶ」ということをわかって言ってるなぁと思います。そして言質をとる私。幸い今まで裏切られたことはありません。ふふ。


 特効とかムービングライトとかの飛び道具っぽいものは一切使ってなくって(まぁ狭いっていうのもあるんだろうけど)、一部でちょっと言われていた「ラルクサイドはゲネが出来ればいいんだよ」という説はどうだろうか。規模が違いすぎるよね。
 むしろ、真正面から勝負を挑まれた感じでした。
 個人的にムービングよりもアナログな照明の方が好きだ。なんか力強く感じる。

 んでも客席に向いてついてた、カラフルなストロボみたいなやつ。
 あれで煽られると、なんか平衡感覚を失います。
 前の人がジャンプしてるのがコマ落としのように見えるというか、明滅の前後でその人の位置が違うから、なんか波打ってるような感じがする。その上色もすぐ変わるから酔いそう…。
 hydeもきっとそのせいで転びそうになるんだわ、なんて。

 詳細なレポは 黒日記 さまで!
 ----------------------------



 やな話。
 明文化してないからやっていいという理屈は通らないのでは?ルールっていうかモラルの問題だよね。
 あんまり自分の欲望に歯止めかけられないのってお里が知れるっつか、ウツクシクないよ。
 この辺刻々と追記予定。 と思ったけど寝ます。
 書ければ続く。
| L'Arc〜en〜Ciel | 01:32 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
* * *


スポンサーサイト
| - | 01:32 | - | - | ↑PAGE TOP
* * *

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fifthmoon.jugem.cc/trackback/225
トラックバック
リキッドレポの感想、そして鋼・・・やばい・・・長すぎ日記
ヤバイヤバイヤバイ・・・ ヲタク体質だから避けたいんですけど、ハガレンに興味が湧いてきちゃった(笑) あー原作よみたいかもー あ、もちろん例のハイドさんの出てたアレみたからなんですけどね 面白いね あそこまで深いとは思わなかったですね いや、なん
| Saturday | 2005/07/29 7:38 PM |